ミネラルウォーターは調乳に不向き?

ミネラルウォーターは調乳に不向き?

乳児がいる家庭では、調乳に便利だからウォーターサーバーの設置を考えているかもしれません。その時に気になるのは、水の硬度(水に含まれるミネラルが多い水)です。硬度120度以上の水を硬水、それ以下を軟水と呼びます。「ミネラルウォーターは調乳に不向き」と聞いたことはありませんか?一般的な粉ミルクは、日本国内の水道水で調乳した場合を想定したミネラル量です。日本の水は、軟水です。硬水で調乳すると、ミネラル過多になるのでしょうか。結論から言うと、日本国内の大部分のミネラルウォーターは調乳に使って問題ありません。参考に、日本の水道水の硬度を紹介します。最も低いのが東北・近畿の39、関東が60から70、最も高い九州・沖縄が78から140前後です。市販されている日本のミネラルウォーターの硬度は、30から高くても100くらいです。水道水の硬度を大きく超えるものでなければ、心配ありません。ちなみに日本で買える海外のミネラルウォーターの中には、300や1550といった高い硬度のものがあります。こちらは調乳に使わない方が良いでしょう。心配なら、ウォーターサーバーの設置を申し込む前に硬度を確認してください。複数の水から選べるウォーターサーバーもあるので、調乳用に硬度が低い水を注文すれば安心です。